中高年の男性のうつ病|症状に応じた適切な病院選びを|自律神経失調症は大きめの病院で診察

症状に応じた適切な病院選びを|自律神経失調症は大きめの病院で診察

聴診器

中高年の男性のうつ病

病院

人の身体というのは、一定の年齢を超えると、年を重ねるにつれて、老化していくものです。特に、生理現象としてホルモンバランスが急速に変化する更年期には、顕著になる傾向があります。そのような更年期に伴って発生する病気を、更年期障害と言っているのです。特に女性の場合には、40歳代から60歳代くらいにかけて、閉経を必ず迎えます。閉経を迎えるということは、女性ホルモンの分泌量が、急に少なくなるということです。この急速な女性ホルモンの分泌の低下があるために、女性の更年期障害が多発する背景になっています。こうしたことから、更年期障害は女性に起こるものと、捉えられていることが多いのです。ところが、更年期障害は男性にも発生することがあります。したがって、中高年の男性で身体の不調があるときには、更年期障害の可能性を考慮すると良いのです。

そこで、男性の更年期障害の特徴について説明してみます。まず、中高年を迎えると、男性ホルモンの分泌量も、徐々に低下していきます。事実として、若い時よりも生殖能力が低下していくのです。しかし、かなりの高齢男性でも、生殖能力が残っていることがあります。この2つの事実が、男性の更年期障害の存在を、分かりにくくしているのです。次に、実際に起こる病気や症状が問題ですが、その代表的なものがうつ病になります。うつ病は、確かに性別や年齢に関わりなく発症する病気です。しかし、男性ホルモンの役割の一つに、人間の活動性を活発にする役割があるのです。すなわち、男性ホルモンの分泌量が減少することは、うつ病の要因になります。ですから、早い段階で医療機関に足を運び、治療をしていくと良いでしょう。