症状に応じた適切な病院選びを|自律神経失調症は大きめの病院で診察

病棟

男性でも発症

看護師

男性で更年期障害の治療のためにホルモン補充療法を受けている人は、副作用に注意しなければいけません。とくに、前立腺ガンには気をつけることです。野菜中心の食生活にすると言う工夫が必要です。

詳しく見る

中高年の男性のうつ病

病院

中高年になると、ホルモンバランスが変化すると、更年期障害が発生することがあります。女性に多い傾向がありますが、男性にも起こるので、可能性を考慮すると良いです。男性の更年期障害で代表的なものが、男性ホルモンの分泌量が減少して起こるうつ病です。

詳しく見る

高齢化でかさむ医療費

カウンセリング

自律神経失調症の医療費は少子高齢化などの影響により年々増加傾向にあります。また病気の疑いがある時に日本人の中にはすぐに大学病院などの大きな施設で受診をする方もいます。このような結果大学病院などでは毎日のように人で混雑していることが多く、本当に重病の人のケアを行うことができないようになっています。よって今後の動向としては大学病院で受診をする前にまずは地域の内科や外科などで一度受診をして、紹介状を持ってこないと大きな病院では診察することができないような制度を設ける可能性があります。近い将来はまずは内科でかかりつけのホームドクターを住民はもつように指導され、治療はできるだけそこで行うようになることが予想されます。

上記にも述べたように現在ではそれほど重病でもないのにもかかわらず大学病院を受診でき、治療費も街の内科や外科の病院とかわりません。しかし最近は夜間の時間帯に擦り傷や風邪などの症状で大学病院へ診療に訪れる人が増加していることが問題視されています。そこである地域の大学病院では風邪や擦り傷などの軽い症状で夜間に受診した場合の費用を値上げすることを発表しました。よって今まで気軽に夜間受診を行っていた方は現在より高い治療費を請求されることがあるので注意が必要です。基本的に夜間は医師や看護師の数も少ないので緊急の場合を除いてはあまり受診することは控えるべきなので、まずはかかりつけの内科を探すことをおすすめします。ただし、症状によって診察先を選ぶことも大切です。一般的な風邪などは最寄りの医療機関でも診察可能ですが、自律神経失調症などの判別が難しい病気の場合、小さな医療機関では診察が難しい場合もあります。自律神経失調症は心療内科の分野にもかかってくる病気なので、規模の大きい医療機関で診察を受けたほうが無難と言えるでしょう。このように、自分の症状を分析して適した医療機関を選ぶことが大切です。

性格を見つめなおす

医者

自律神経失調症は女性に多く発症している病気です。更年期障害も自律神経失調症の一つです。この病気を発症する人は、悩みを抱え込んでしまう人が多くなっていますので、周囲に相談することも大切なことになってきます。

詳しく見る